•  薬剤師求人 → 薬剤師求人、ドラッグストアについて
  • 薬剤師求人、ドラッグストアについて

    勤務先にドラッグストアを視野に入れている薬剤師へ、 今回はドラッグストアに勤めるメリットやデメリットについてお話します。 まず、ドラッグストアに勤めるといっても色々あります。 調剤を行うか否か、また行うとしたら調剤重視か一般医薬品重視か等、 自分がどういう仕事をしたいかも考えて選択するといいでしょう。

    まあ基本的に調剤もしつつ一般医薬品もみる形になると思います。 ドラッグストアの場合、大手に勤められれば給料はそこそこもらえるでしょう。 しかし、調剤併設であれば、もちろん経験やスキルを問われます。 最近のドラッグストアでは調剤併設も積極的に取り入れられているので、 今後ドラッグストアでの薬剤師の需要は上がっていくでしょう。

    ドラッグストアで働く場合は、休暇の不自由さ(土日祝日での出勤・シフトが複雑)や、 遠方への転勤のリスク等がデメリットにあたります。 しかし、調剤薬局にずっと勤めるよりはトータルの収入は多くなるでしょう。 個人の経験やスキルによるところがありますので、上下はありますが、 だいたい年収で500万円~750万円くらいです。

    シフトの複雑さや薬剤師不足の為休みが少なくなってしまう事も多々ありますが、 その分収入は上がりますので、一長一短といったところでしょうか。 福利厚生や休暇の日数や安定を重視するなら製薬会社や調剤薬局、 トータルの収入を重視するならドラッグストアを選ぶといいでしょう。

    もしドラッグストアに勤めるのであれば、地場の大手量販の併設薬局をおすすめします。 給料も悪くありませんし、遠方への転勤もありません。 リスクとして、近場の全国チェーンのお店ができてしまうなどありますが、 調剤のスキルをしっかり磨いて、後の為の勉強時間とする事もできますので、 とにかくどこに勤めようと、自分の知識経験をしっかり積んでいきましょう。

    転職については、薬剤師不足に悩むドラッグストアは少なくないので、 比較的に転職はしやすいと思います。

    調剤薬局で働く薬剤師の一日

    薬剤師を目指している人や、薬剤師の仕事に憧れを持っている人も いると思いますが、実際の仕事がどんな風におこなわれているのか 一日の流れをざっと説明してみたいと思います。 薬剤師が勤務するのは調剤薬局だけでなく他にもいろいろありますが、 ここでは調剤薬局を例にとって説明してみます。

    薬局の開店時間になるとどんどん患者さんがやって来ますから、 その前にお店の準備を整えます。 薬の発注を任されている場合、足りなくなりそうなものを調べて 発注するという仕事があります。 患者さんが来店したら、処方箋を受け取って薬を調剤します。

    出来上がった薬を渡す時に病気についてヒアリングしたり、 患者さんが疑問を持っている場合はそれに答えたりします。 患者さんが来店するごとにこの繰り返しになりますが、 忙しい時は次から次へと薬を処方しなければならず、 手際よく処理しなければ業務が滞ってしまいます。

    また薬は順番に並べて置いていくのですが、混雑時には慌ててしまい、 順番が狂ってしまうこともあります。 でも間違った薬を患者さんに手渡しては大問題になりますから、 忙しくてもきちんとチェックをしなければならないのです。

    また手があいた時間を有効活用するのも大切なことです。 あらかじめ準備しておけることがあれば、やっておいた方が 混雑時にスムーズに作業を進めることができます。 たとえばよく処方される薬や湿布等を束ねておいたり、 薬を袋に入れておくと、その薬をスムーズに出すことができます。

    毎日業務に携わっていると、この辺の感覚も分かってきますから、 まとめられることはまとめてやっておくのです。 患者さんが途切れた時間は少し休みたくなるかもしれませんが、 できることをやっておけば結局自分が後で楽になるのです。

    また薬歴書きも重要な仕事ですが、患者さんがいなくなってから まとめて行うことが多いようです。 最近は電子薬歴が採用されている薬局が多くなっています。 人によって作業の早さに差が出ますが、慣れていけば早く終わらせることが できるでしょう。