緩和薬物療法認定薬剤師とはどんな資格?

薬剤師の専門資格:緩和薬物療法認定薬剤師

近年、医師や看護師をはじめとして、医療業界では特定の分野に長けた人材を育成、認定する制度が整ってきています。それは薬剤師も例外ではありません。薬剤師の専門資格の中に、緩和薬物療法認定薬剤師というのがあります。

これはまだ作られてまもない資格で、緩和薬物療法認定薬剤師は全国でも数えるほどしかいません。 しかし、今後の日本の医療を考える上で欠かせない存在となっていくとも考えられます。

そもそも緩和薬物療法認定薬剤師とは、緩和ケアを専門とする薬剤師です。 緩和ケアとは主に治療などで用いられる医療的アプローチのひとつで、医師や看護師などそれぞれの分野の専門家がひとつのチームとなって患者さんをサポートしていきます。 医療技術の発達などにより、今ではがんは必ずしも“命を落とす”病気ではなくなりました。

一方で、がんを抱えながら、治療をしながら生活をしていく、生きていくということが必要になってきました。つまりこれまでのように単に“治療する”だけではなくなってきているのです。

ただ緩和ケアを専門的に行う病棟などはまだ十分な数が整備されているとは言えません。 やむを得ず一般病棟や在宅で緩和ケアを受けている人も少なくないのです。

そうした中で医師や看護師だけでなく、薬剤師についても専門のスタッフが必要になってきました。 そして緩和薬物療法認定薬剤師の誕生となったのです。 緩和ケアではモルヒネをはじめとした麻薬や鎮痛剤を用いることが多いです。

これらの薬剤は高い効果とともに、副作用の危険性なども高く、一歩間違えれば命にかかわる事態となります。緩和薬物療法認定薬剤師はこのような特に取り扱いに注意が必要な薬剤について専門的な知識や技術を活かすのです。

緩和薬物療法認定薬剤師になるには、日本緩和医療薬学会が実施する試験に合格しなければなりません。 またその受験資格として、5年以上の実務歴、緩和ケア関連の実務が3年以上あること、指定の講習会をを受講し単位を取得していることなどがあります。