だいたいの内容は理解しておきたいですね

薬剤師機能情報制度とは?

薬事法、薬剤師法など薬剤師に関する法律や薬剤師が知っておかなければならない法律はいくつもあります。 その薬事法の中に「薬剤師機能情報制度」という制度があるのを知っているでしょうか。

薬剤師機能情報制度は2006年に改正された薬事法に新たに盛り込まれました。 薬剤師機能情報制度とは、決められた情報について薬剤師は都道府県など必要な機関に報告しなければならないというものです。

決められた情報にはいくつかのものがあります。まずは薬局の名称、営業時間、所在地といった基本情報です。基本情報といってもその中身は非常に細かいといえます。

たとえば駐車場があるのか、専用のホームページやメールアドレスを持っているか、そうした情報まで報告しなければなりません。ほかにも薬局の設備の内容、障害を持った方にも配慮された設備になっているか、クレジットカードが使えるかといったところにまで及びます。

薬局そのものの情報のほかにも、勤務する薬剤師が専門資格などを持っているか、特別な機器や技術が必要な調剤にも対応しているかなども報告の対象です。

薬局側はこうした情報を報告するだけでなく、情報が閲覧される状態にもしなければなりません。 都道府県側も、報告された情報を公表する義務を負います。 こうした制度の背景には、患者さんが自分自身の判断を持って適切に薬局を選べるようにするということがあるのです。

都道府県によってはこうした情報をデータベース化して検索できるようにしたり、ホームページ上で公開するなどしています。 こういった制度は患者さんの薬局の選択時だけでなく、緊急時、医療機関との連携と言った面でも役立ちます。

薬局側としてもサービス内容の紹介や強みのアピールにもつながり、うまく利用することで薬局側、患者さん側両者にとってメリットがあると言えるでしょう。 薬局の運営に関わる時はもちろんのこと、薬剤師であえればきちんとこうした制度も知っておきたいですね。